東京都豊島区の税理士なら細木税理士事務所【豊島区・新宿区・渋谷区・千代田区・中央区】

事務所の特色

事務所の特色

クラウドを最大限に活用し、業務の効率化を実現

時代は大きく変化しています。税理士業界も例外ではありません。
時代の変化についていけない事務所は、後退の一途をたどることになります。
変化し続けるものだけが生き残る時代、強力な武器となるクラウドの活用はもはや必須といえ、当事務所でも税理士業務のクラウド化には力を入れております。

1.クラウド会計の活用

当事務所では、MFクラウド、freee、弥生会計オンラインというクラウド会計ソフトを使用しております。
クラウド会計ソフトをご使用いただくと、お客様のデータはクラウド上で共有することができます。
また、共有できるのは会計ソフトだけではありません。「画面そのもの」を共有することが可能ですので、文書ソフトや表計算ソフト、その他あらゆる書類を同時に見ることができます。

もちろん、その他の会計ソフトでもデータのやり取りは可能です。また、遠隔操作による会計ソフトの操作指導も可能です。

クラウド会計のメリット

  • お客様と同じパソコン画面を見ながら、操作方法などを直接ご指導することが出来ます。
  • お客様と同じパソコン画面を見ながら、事務所から月次決算報告等が行えます。
  • お客様に対して常にタイムリーな指導を行うことができます。

このように、クラウド会計あるいは遠隔操作を利用すれば会計データを共有できます。あらゆるデータを共有することで、顧問先とシームレスにデータのやり取りができます。

2.G Suiteで業務の効率化

G Suiteは、Gmailやカレンダー、ハングアウトといった機能やドキュメント・スプレッドシートなど、ビジネスで多く使用するアプリが自由に使えるので、業務を行う上で非常に役立っております。

3.ChatWorkでコミュニケーション

お客様とのコミュニケーションツールとしてChatWorkを導入しております。場所を選ばず、いつでもお客様からの問い合わせを確認できるため、レスポンスの速さをご体感いただけると思います。

ChatWorkのメリット

  • チャットなのでメールや電話に比べて素早く気軽にコミュニケーションがとれる。
  • クラウド型でスマホアプリも使えるのでいつでもどこでも利用できる。
  • 優秀な検索機能で以前の会話も簡単にアクセスできる。
  • タスク管理、ファイル共有、ビデオ会議などの機能も充実。

4.Dropboxでデータ共有・保存

書類関係やデータの共有・保存ツールとして、Dropboxを使用しております。
Dropboxとは、インターネット上に自分専用のハードディスクを持ち、そこにファイルを保管するオンラインストレージサービスのことを言います。

Dropboxのメリット

  • 書類やデータを持ち運ぶ必要がなく、クラウド上で一元管理を行うことができる。
  • クラウド上で、お客様とあらゆる書類やデータを共有することができる。
  • 仮にパソコンが壊れた場合でも、データはインターネット上に保存されているため安心。
  • 間違って削除してしまったファイルや上書きしてしまったファイルを復元することができる。
  • タブレットやスマートフォンでも閲覧可能

5.DocuWorksで書類のペーパーレス化

当事務所では、書類のペーパーレス化を進めており、お客様の書類・データはすべて、DocuWorksを使用し、異なるアプリケーションファイルを一元管理しています。

書類の電子化によるメリット

  • 検索時間が速い(目的のデータが瞬時に探し出せる)
  • 情報共有が容易(お客様と事務所での情報共有が簡単)
  • 保管場所を取らない(保管スペース減少、コスト削減)

お客様のデータを保存するに当たっては二重のバックアップを行うとともに、万が一にも外部に流出することの無いように細心の注意を払っています。

6.電子申告の徹底活用

当事務所は、e-tax(国税)・eLTAX(地方税)での申告率は100%です。インターネットを利用した申告手続を行うことで、お客様にとっても以下のようなメリットがあります。

電子申告のメリット

  • 申告書への捺印のために、お忙しいお客様のスケジュールを空ける必要がない。
  • 税金が還付の場合は、紙による申告よりもスピーディーに還付してもらえる。
  • 所得税の申告において、一定の添付書類(医療費控除の領収書や源泉徴収票等)の提出が不要となる。
  • 当事務所の印刷コストと郵送料を節約することが出来る上に、申告書へ捺印をいただくための訪問時間が減ることで、顧問料の低価格化が実現できる。

7.電子納税の推奨

電子納税の方法には、ダイレクト納付による方法インターネットバンキング等による方法があります。

電子納税のメリット

電子納税をご利用いただくと、消費税の中間納付や毎月の源泉所得税を納付する際に、わざわざ納付書を持って、混雑する銀行や郵便局まで行く必要が無くなりますので、お客様にとっても大変便利な制度といえます。

ダイレクト納付

  • ダイレクト納付とは、事前に税務署へダイレクト納付利用届出書を出しておけば、税理士が電子申告をする際に、国税の納付額を通帳から自動的に引き落としされるシステムです。(※現在のところ、このようなサービスは、e-Tax(国税)のみで、eLTAX(地方税)では対応しておりません。)

インターネットバンキング等による電子納税

  • インターネットバンキング等による電子納税(ペイジー)とは、まず、①税務専用ソフトを利用して、税目、課税期間、申告区分、納付金額等の納付情報データ(納付情報登録依頼)を作成し、e-Taxに送信して事前に登録します(登録方式)。
    ②登録した納付内容に対応する「納付区分番号」等を税理士が取得し、お客様にその「納付区分番号」等をメールでお伝えします。③そして、お客様が、インターネットバンキングやATMから「納付区分番号」等を入力していただいて納付する方法です。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional